中古のノートPCを買った時の確認(バッテリー消費状況)

コマンドプロンプトにて以下を実行

powercfg /BATTERYREPORT

実行後にbattery-report.htmlが出来る。

C:\Users\username>powercfg /BATTERYREPORT
バッテリ寿命レポートがファイル パス C:\Users\username\battery-report.html に保存されました。

CentOS5のyumを使えるようにする。

Maintenance Updatesすでに終わっているのでアップデートやパッケージのインストールできない。

[root@hostname ~]# yum install httpd
Loaded plugins: fastestmirror, security
Loading mirror speeds from cached hostfile
YumRepo Error: All mirror URLs are not using ftp, http[s] or file.
 Eg. Invalid release/
removing mirrorlist with no valid mirrors: /var/cache/yum/base/mirrorlist.txt
Error: Cannot find a valid baseurl for repo: base

これでとりあえずインストールできるようになる。

[root@hostname ~]# sed -e 's/^mirrorlist=/#mirrorlist/g' -e 's/#baseurl=/baseurl=/g' -e 's/mirror.centos.org\/centos\/$releasever/vault.centos.org\/5.11/g' /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo -i.org

postfixのインストールと設定(CentOS7)

ドメインのmxレコードとMXレコードサーバのAレコードを設定しているものとする。

domain.com MX mx.domain.com
mx.domain.com A XXX.XXX.XXX.XXX(IPアドレス)

 
 
インストー

[root@hostname ~]# yum install postfix bind-utils mailx telnet

postfixはメールサーバインストールのため
bind-utilsは名前解決の確認のため
mailxはテストメール送信のため
telnetはポートの確認のため

バージョン確認

[root@hostname ~]# rpm -qa | grep postfix
[root@hostname ~]# postconf  | grep mail_version

ドメインの確認

[root@hostname ~]# dig domain.com mx +short
10 mx.domain.com.
[root@hostname ~]# dig mx.domain.com. A +short
XXX.XXX.XXX.XXX

コンフィグ変更

[root@hostname ~]# cp -p /etc/postfix/main.cf{,.org}
[root@hostname ~]# vi /etc/postfix/main.cf
[root@hostname ~]# diff /etc/postfix/main.cf{,.org}
77d76
< myhostname = mx.domain.com
85d83
< mydomain = domain.com
102d99
< myorigin = $mydomain
119,120c116
< #inet_interfaces = localhost
< inet_interfaces = all
---
> inet_interfaces = localhost
168,169c164
< #mydestination = $myhostname, localhost.$mydomain, localhost
< mydestination = $myhostname, localhost.$mydomain, localhost, $mydomain
---
> mydestination = $myhostname, localhost.$mydomain, localhost
579d573
< smtpd_banner = $myhostname

コンフィグチェック

[root@hostname ~]# postfix check

他参考情報

#現在の設定値表示
[root@hostname ~]# /usr/sbin/postconf
#デフォルト値表示
[root@hostname ~]# /usr/sbin/postconf -d
#デフォルトと異なっている設定値のみ表示
[root@hostname ~]# /usr/sbin/postconf -n

postfixの起動、自動起動設定

[root@hostname ~]# systemctl start postfix
[root@hostname ~]# systemctl enable postfix

firewalld追加

[root@hostname ~]# firewall-cmd --permanent --zone=public --add-service=smtp
[root@hostname ~]# firewall-cmd --reload

確認

[root@hostname ~]# firewall-cmd --list-all

postfix接続確認

[root@hostname ~]# telnet localhost 25
[root@hostname ~]# telnet mx.domain.com 25

テストメール送信

[root@hostname ~]# echo test | mail -s testmail testuser@gmail.com

 
 

  • 他参考情報

Portチェックテスト【外部からのPort開放確認】
ポートチェック【外部からポート開放確認】
ポート:25をチェック

Third Party Relay Check RBL.JP第三者中継チェック RBL.JP
第三者チェックで「全てのテストが行われました, no relays accepted.」を確認する。

何時までリダイレクト

RewriteEngine On 
# 2020/01/01 00:00:00になるまでは、すべてのアクセスはリダイレクト
RewriteCond %{REQUEST_URI} !=/maintenance.html
RewriteCond %{TIME} <20191231235959
RewriteRule ^(.*) /maintenance.html [R=302,L]